健康食品で疲労とおさらば|サプリでヘルスライフ

Blueberry

ケール入りの味の特徴

青汁はまずいという印象があります。特にケールが入った青汁は癖があり飲みにくいようです。以前に味は悪いが栄養があるといったCMがテレビで流行っていたような記憶があります。最近ではまずいという印象を覆すような美味しい青汁が売られるようになりました。ハチミツが入っていたり、大麦若葉をベースとした青汁はわりと飲みやすいものとなっています。しかし、栄養面ではくらべものにはならないほどケール入りは優れています。美味しいことより健康面を重視する人はぜひケール入りを飲まれることをお勧めします。ケール入りはずっと以前から広く販売されていたので、あの苦さがまさに青汁だと評価し、好んで飲まれている人もたくさんいます。

最近では青汁も美味しくなり、大変飲みやすくなってきました。ただ、昔から売られているケールを原料とした青汁は、最近のとは比べものならないほど栄養価が高いものです。ケールは日本の野菜ではなくヨーロッパでよく食べられている野菜です。アブラナ科の植物に分類され、日本ではブロッコリーがよく食べられています。ブロッコリーも栄養価が高い野菜ですが、ケールはその栄養をはるかに越えています。様々な栄養が含まれ、スーパー野菜とも呼ばれています。その栄養は美容面にも効果があるだけでなく、成人病予防にも高い効果が認められています。また、女性特有の病気の改善効果もあると言われています。ケールの苦味や臭いを我慢さえすれば、ケール入り青汁は万能薬になるはずです。